開発できて営業もできるとか

あまりにも

「開発出来て、営業も出来れば、起業出来るじゃん」

と言われ過ぎて、さすがに嫌気が差して来たのでなんとなく考えをまとめおく

 

経緯

某IT企業でインターンで僕がした最初の仕事はテレアポ

やりたいことに共感出来てたし、今自分がしている仕事の意味も理解はできたが、自分が真価を発揮出来ることはこれじゃないと悟る。というか逃げる

そして今の会社の一番最初の研修は新規開拓営業。そのインターンでやった経験と運もあって、そうそうと終わった。

そして今の部署で一番最初にした仕事は飛び込み営業

上記の経験が活きてピンポン数と連絡先取得数は一番だった。

(あれ、なんか俺の人生おかしくね)

 

で、今のお仕事はごく普通の新規サービスの開発。そんな僕が都度都度言われるのは、「開発出来て、営業も出来れば、起業出来るじゃん」とかいう「勉強出来れば、東大は入れるじゃん」くらいの空虚な言葉である。

 

そもそもなんで起業がゴールなんだよ

大学入学も入社も結婚も全部スタートとは言われるけれど、なんで彼らはいつも起業をゴールというかひとつの目標というか、マイルストーンとして設定するのだろうか。

もし自分が仮に「開発できて、営業もできる」としたら、間違いなくフリーランスとして自宅で仕事をする自信がある。

彼らの思う僕と、僕の目指す僕が違うというところに問題があるみたい。

 

その点に置いて、きっと彼らの欲求階層は自己承認欲求、あるいはそれ以上の自己実現欲求であって、僕の欲求階層は衣食住の保証なのだろうとよく思う。

世間で意識高い人がよくdisられるけど(最近はあんまり見ないな)、自分に出来ない事をやってのける彼らの事を本当に尊敬してる。

で、僕が良く思うのは彼らの力になりたいっていうところ。

 

多分、この意識レベルだったり、自分の「かくありたい」っていう性格が、彼らの「開発出来て、営業も出来れば、起業出来るじゃん」っていう言葉に耳を痛くする理由なんだと思う。

 

ほんとに起業出来んのかよ

起業すること自体は、きっと開発できなくても、営業出来なくても出来ると思う。

(そんな人は起業しないだろうけど)

というより、そもそもが彼らはスーパーマンが一人居れば会社が回ると思っているのだろうか。

今、自分の所属する小さな部署でも、営業と開発がいるのはもちろん、デザインを行う人(開発に分類されちゃう?)、経理を行う人、広報を行う人、その他雑務を行う人と色々な人がそれぞれの仕事をやっているから成り立っている。

だからどんなに開発と営業出来ても、起業するには他の要素、例えばもっと強い意志だったり、ターゲットに向かって協力しあえるメンバーがいない限りは無理だと思う。

 

その昔の愚痴

今から2年とちょっと前に、その某IT企業の主催した若手エンジニア会というのに参加した。

そこで一つの疑問「IT企業の社長は技術者であるべきか?」ということについて議論した。

明らかに有意抽出だけども、参加者はほとんど全員agreeであった。

彼らの理由は、開発に理解を示してくれるだったり、話が早く進むだったりと本当に綺麗事でうんざりした。

僕はそれぞれの人間が自分の長所で戦うべきだと思うから、技術者である必要はないんじゃないかと思ってた。

経済学で言うところの比較優位ってやつですね。ある国に生産力で勝てなかったとしても、自国のコストで最もうまく生産出来る物で貿易すればそれは価値があるって話です。確か。

で、当時の僕は全員の冷たい目を受けながら、しどろもどろ答えて、当時の役員に「お前もうしゃべんなくていいよ☆」と言われたのを今でも覚えている。コミュ障ってつらいね。

 

結論

会社に属する以上は、自分が一番価値を発揮出来る場所で活躍するのが一番幸せな事だと思う。

それを実現する上でも、

開発の人は、営業の人に「なんでexcelも使えねーんだよ」とか「ggrks」とか簡単に言っちゃダメで、

営業の人は、開発の人に「リファクタリングってなんの意味があんの?」とか「早く作れ。安く作れ。」とか理解を示さず、無理強いするのは健全だとは言えないと思う。

でも、それを容認してしまうとお互いがお互いに全く干渉せず、甘えとか腐敗の温床になっちゃうところがまた難しいですよね。

 

そこをしっかりと管理、監督するのがいわゆるマネージャーとかリーダーって言われる人たちなんだろうなーって思います。

今、僕が健全であるためには、他の部署の人たちに敬意を払って、自分の仕事を全うする事。

それがこの理想の仕組みをうまく作るひとつの要員になればいいなーと思って仕事をすると健全に、仕事に集中出来ていいなーと最近思ってます。

で、いつかマネージャーとかリーダーになったら、自分みたいな新卒にこんなことを諭したいですね。

 

 

あ、我ながらなかなか良い文章かけた!

週末に後輩に先輩面する機会があるので、そこでこの話をしようと思う。